八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


膝痛

膝痛の原因

膝痛の原因として一般的によく言われているものには次のようなものがあります。

  • 関節の軟骨が減っている
  • あしの筋肉が弱っている(運動不足)
  • 体重が重い
  • 運動や仕事であしにたくさん負担をかけている
  • 膝のケガによる後遺症
  • 膝関節の変形

(詳しくは、このページの後半で説明をします)

膝痛に対する施術

膝が痛い人を施術していると、大抵の場合は膝の悪いところに硬いコリのようなものがあったり、あしの筋肉がカチカチに固まっていたりすることがほとんどです。

それらを施術していくことにより、次のような効果を期待することができます。

  • 膝まわりの血のめぐりが良くなる
  • あしの筋肉が正常に働くようになり、体重が支えやすくなる
  • 痛みの原因となる筋肉のコリがなくなる
  • 膝のまわりが緩むことで、膝関節の動きがよくなる

これにより、いろいろな原因で起こる膝の痛みの緩和をめざします。また、膝に不調があるときは腰や骨盤まわり、足首、股関節などのバランスが乱れていることが多いので、そちらも確認して整えていきます。


slr.jpg

膝痛の原因(タイプ別)

ここでは、はじめにお話した原因をタイプ別に説明させていただきます。

膝の関節成分について

膝の関節成分は20歳をピークにどんどん減っていき、50歳では約半分になってしまいます。その後、加齢と共にさらに成分は減っていきます。そのため、年齢が上がるのにつれて関節や軟骨が弱くなってしまい、膝が痛い人も増えていきます。「それじゃあ、骨や軟骨が減ったらもう痛いままなの?」という方もいると思いますが、膝のまわりの筋肉や神経を整えることで痛みが改善される方も多いです。

あしの筋肉不足とトレーニング

あしの筋肉が弱いと、膝にかかる負担が増えるので筋肉をある程度鍛えておくことは必要かもしれません。しかし、膝の状態がよくないときにトレーニングをすると、かえって痛みがひどくなることもあります。それは、トレーニング自体が膝の関節(軟骨)や筋肉、神経などに負担をかけてしまったり炎症を悪化させてしまったりするからです

ですから、今は鍛えた方がいいのか休ませた方がいいのかを正しく判断することが重要になってきます。

膝の痛みと体重

体重が重いと膝への負担は増えます。なので、体重が標準よりも重いひとは注意が必要です。ですが、膝痛のおもな原因が他にある場合はそれだけでは改善しませんので、きちんと原因を見つけて対処することが大切です。

運動や仕事による膝への負担

膝痛の大きな原因として膝の周りにできたコリがあります。運動や仕事でいつも膝に負担がかかっていると、膝の筋肉はこり固まってしまいます。それがひどくなると痛みがでてきます。

膝のケガによる後遺症

膝をケガしてしまうと、痛みがなくなっても完全には元の状態に戻らないことがあります。そして、痛めたところに負担がたくさん掛かってしまうと、痛みが出てくる人もいます。

膝関節の変形

「もう膝が変形しているからずっと痛いままなのかな」という人も多いと思います。変形した骨がすべての痛みを作り出しているのならそうなのかもしれません。しかし、膝の変形したお客さまを見ていると変形した骨の周りの組織(筋肉、じん帯、神経など)が痛みと関係していることが多いようで、変形した骨は元に戻らなくても適切な治療や生活習慣の改善で痛みが軽減する人も少なくないように思います。(しかし、変形が強すぎると膝まわりに与える影響も大きくなるので個人差はあります)
 

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ