八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


気温差と自律神経の関係について

近頃、当店では暖房を使う機会が徐々に増えてきました。

この時期は一日や週での気温差が大きいので体調が優れない方や、頭痛、肩こり、腰痛などのひどい方が多くなります。それらの症状を引き起こす原因としては、気温差による「自律神経」の乱れが大きく関係します。

では「自律神経」とは何ですかと言えば、意思ではコントロールすることのできない神経ということになります。

いわゆる体を動かすための神経は意識をすれば自分で働かすことはできますが、体の内面に関するものは意識しても自分で動かしたり止めたりすることはできません。

気温差が大きくなると体内環境を常に一定に保っている「自律神経」が重労働をしなければ
ならなくなります。そして自律神経が疲れてくると、その働きに乱れが生じてきます。

また「自律神経」と聞くと、肩こりや腰痛よりも体調的なものや体のもっと内面的なものに関係するのではないかと思う方も多いと思います。

しかし、筋肉にある血管も自律神経が支配しているので、血管が収縮した状態が続けば筋肉にも影響がでて、結果筋肉に痛みが生じてきます。

何だか難しい話になってしまいましたが、要は「気温差で自律神経に負担が掛かると、体の痛みや体調の乱れが出てきますよ」ということです。そのため、服装や暖房を上手に使って気温差があまり生じないようにすることが大切です。

また、自律神経に余計な負担を掛けないように、睡眠をしっかりと取ったり、食事の質と量(特に食べ過ぎ)に気をつけたり、ストレスを溜めないよう心がけたりして体調管理をしてください。

なお、もう症状の出ている方は是非一度、施術を受けることを強くお勧めします!(長引けば症状が記憶され、改善されにくくなってしまいますので)

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ