八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


症状のひどい方ほど気をつけたいこと。

今年に入ってから、坐骨神経痛やギックリ腰、五十肩など重い症状の方の来院が増えています。

痛みを早く軽減させるためにテレビや雑誌でよいと言われることをいろいろと試したり、いろいろな病院や治療院に行ったり、シップをしたりと悪戦苦闘をしてから来られた方が多いようです。

ですが、そのようなお客さまの中には来院前に間違えた対処法をしていた方も少なくありません。

たとえば神経痛のお客さまでよく見かけるのが、温めない方がいいのに温めてしまい、さらに神経痛を悪化させてしまうケースです。「神経痛は温めた方がよい」というイメージがあるためか、痛いところが熱をもってホカホカしている場合でも、更にそこを温めて炎症をひどくしてしまう方がいます。

また、膝の痛いおばあちゃんで毎日、一生懸命に歩いている方も見かけます。「膝の筋肉がないから、歩いて筋肉をつければ早くよくなる」と信じていたようです。

ですが、膝の
状態がひどいときに歩いて負担をかけたため、当院に来たときには膝の関節が炎症を起こしてパンパンに腫れ上がっていました。


一般的によいと言われることでも、その人の状態によっては正しくないことも多々あります。

また、「これをすると○○○がよくなる」のような記事もよく見かけますが、同じような症状でも人によって原因が違うことは多いのです。ですから、一人ひとりの原因に合ったことをしなければ、かえってよくない場合もあります。

お客さまを見ていると、メディアやまわりの人がよいと言えば、あっさりと信じて実践してしまう人も多いように感じます。

ですが、ひどい症状の人ほど「合わないことをすればなかなか良くならなかったり、かえって悪化することもある」
ということを頭の片隅において、安易にいろいろと飛びつかずに、慎重に判断をしてから行われた方がよいと思います。

試しにやってみた場合、おかしくなってきたらすぐに止めるのも大事です。

どうしたら良いのか分からないときは自己判断をせずに、信頼できる専門家に相談するのが一番よいと思います。

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ