八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


がんばり過ぎていませんか・・

「がんばれば、きっとその先にはいいことがある」


そう信じて、一生懸命にガマンして努力をつづける。

けれど一向に事態は好転せずに、体調も崩れていく・・

このような方は結構多いのではないでしょうか。

そうなってしまう人とならない人の違いは、「気持ちの持ち方」にあるようです。

焦り/イライラ/必死になる/ガマン/ストレス/etcが続くと緊張型の神経が強くなり、ホルモンバランスも乱れて体調が崩れやすくなります。

そして、脳の「考える」働きも鈍ってきてよい考えやよい判断ができなくなり、結果的に仕事や勉強の効率が悪化し、誤った判断も多くなります。

また、ストレスを抱えながらの労働はそうでない時に比べて、筋肉への負担も大きくなります。

ですから、
ガマンして過剰に努力を続けても成果が出にくいかもしれません。


反対に、リラックスして楽しく努力をしている時(その場合、本人はあまり努力をしていると思っていないでしょうが)落ち着いた考え方ができ良い発想も浮かびやすくなるので、物事がうまく行きやすくなります。(体内の働きやホルモンバランスもよくなります)

がんばり過ぎてしまう人の中には、自分に自信が持てずに過剰な努力を続けてしてしまう人も多いようです。

「自分には価値がない」と思い、必死に努力を続ける⇒けれど、他者から見れば「自分には価値がない」と思っている人には、何となく魅力を感じない⇒結果、頑張っても認めてもらいにくくなる・・

でも、実際に自信というのは曖昧なもので、自信を持てない人は結構な努力をしても自信が持てないし、持てる人は大した努力をしなくても自信が持てます。

両者の違いは「自分はこのままでも十分に価値がある!」と思えるかどうか。根拠は関係ありません。

あなたの周りにも、あなたと比べてすごく努力をしている訳でもないし、能力があなたよりも優れている訳ではないのに、あなたよりもかなり仕事が上手く行って自信をもっているような人はいませんか。

きっとその人は、
過剰に努力をしなくても

「自分には価値がある」

感じられる人だと思います。


ですから、もし自分に自信が持てず過剰に努力をしてしまう人は、思い切って
「自分は今のままでも十分に価値がある」
「自分は優れた○○だ」

と自信のある自分を演じてみてはいかがでしょうか。(この方法はよく本などでも紹介されていますよ♪)

その方が、悲壮感であたまの働きが鈍ってしまうよりも、結果としては心にゆとりが生まれて物事が上手くいくことでしょう。

「そんなことで本当に上手くいくの?」

と思うかたも、当然いらっしゃるでしょうし、実際は口で言うほど簡単ではないかもしれません。

ですが「マインド」をしっかりと変えて、少しでも心身にやさしい生活ができたらハッピーですよね!

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ