八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


小さな来訪者

6月中旬のある日、整体のしごとを終えて家の玄関前に着くと起きられないでジタバタしている一匹の昆虫がいました。

『これは大変sign01』とすぐさま拾い上げてみると、それは足の一本取れた小さなクワガタのオスでした。

かなり弱っていたので、とりあえず家に入れてエサをあげることにしました。
そして、その日から小学校以来の昆虫との生活が始まりました。

自然と『クワちゃん』と呼んでいたので、名前はクワちゃんになりました。

小学生の頃は、カブトムシやクワガタを飼うと必ずスイカを与えたりいじりまわしたりしていました。

今はインターネットでいろいろと調べられる時代。

早速、クワガタの正しい飼い方を調べてみると、スイカは下痢をするからダメとかいじりまわすと弱って寿命が縮むからダメとか今思えばゾッとするようなことが多々書いてありましたsweat02

そんな訳で、このひと月はインターネットで調べたことを守って大切にクワガタを育てました。

ところが、平穏なクワガタライフを満喫していたある日のこと、何気なく虫かごのなかを霧吹きで湿らせたあとに使っていたスプレーを見てみると、いつも使っているものとはちがう感じがしました。

『あ、これは洗濯ノリだ~shock』と気づいた私は、家を出る時間だったのですが急いで処置をしました。

その日の夜、家に帰って恐る恐る虫かごのなかを覗いてみると、そこには元気なクワちゃんの姿がありましたhappy01

こんな昆虫ライフですが、なんだか癒されてますdiamond
(夜にガサガサされることもありますがsweat01

そして、1,2か月後に来るであろうお別れの日まで大切に育てたいと思います。

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ