八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


腰痛時の腹筋運動について

腰が痛くなると、「腹筋が弱いからかな?」とおもって腹筋運動をはじめる方をときどき見かけます。私の整体院のお客さまにもそのような方がたまにいらっしゃいます。

腹筋運動をして腰の痛みが楽になっているのならよいのですが、反対にもっと痛くなってしまう方も少なからずいらっしゃると思います。

よく皆さんが腹筋と呼んでいる筋肉は、腹直筋というお腹の表面にある筋肉のことをいいます。一般的な腹筋運動では腹直筋を鍛えるために腰に負担がかかりやすい姿勢をとらなければなりません。

また、腰痛を改善したくて腹筋運動をたくさんしている方などは、それによって腹直筋がすごく硬くなってしまいかえって腰が痛くなってしまうという方もいらっしゃいます。(ちなみに、腹直筋をゆるめたら腰痛は軽減しましたが)

整体をおこなっていると、腹直筋が腰痛の原因になっていることはとても少ないように感じます(先述のようにすごく腹筋に負担をかけていれば別ですが)。それよりも、お腹の奥のところにあって背骨と骨盤につながっている筋肉のほうが腰痛の原因としてはとても多いです。

そのため、お腹の奥にあるそれらの筋肉をゆるめると腰のバランスがよくなることは珍しくありません。ですから、もし本気で腰痛を改善したいのであればそのことも含め、根本的な原因を見つけて改善させることが大切です。

そして腹筋運動については、もし続けていて腰痛が改善されているようならばよいのですが、反対に腰の痛みがだんだん悪化してしまうようならば合わない可能性が高いのでやめて様子をみたほうがよいでしょう。

ちなみに腰痛も細かく分類をすると、身体を前に曲げるか後ろに反らせると痛くなる場合、左右のどちらかに身体を倒すと痛くなる場合、左右のどちらかに身体を捻ると痛くなる場合でそれぞれに原因となるところが違ってきます。

なので、腹筋運動がそのひとの腰痛のタイプに合っていれば効果はあるでしょうし、合っていなければ悪化するリスクもあるように思います。

また、先回のブログ「痛いときは運動をしたほうがいいの?」も参考にしていただけると幸いです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ