八王子で20年以上の施術経験を持つ治療家があなたのつらい症状を整体で改善します。

石川絡樂院


運動した筋肉とちがうところが痛くなった場合

先日、わたしはめずしく腹筋運動とスクワット運動をしました。そうしたら、次の日になって背中と右の肩(三角筋という筋肉)が痛くなってきました。

ふつうならば腹筋運動をすればお腹が、スクワット運動をすれば太もものまえ側が痛くなります。ですが、まったく関係ないところが痛くなったのです。

考えられることは、急に腹筋運動をやったことで腹筋が硬くちぢまってしまい、その影響で反対にある背筋が引っぱられて突っ張ってしまったからだと思われます。

硬くちぢまった筋肉(原因の筋肉)よりも、その影響で引っぱられてしまった筋肉のほうに痛みを感じることはよくあります。なので、そのことを考慮しながら整体をおこなうと症状がうまく改善されることが多いですね。


ee54725fc7a88485f4b4b2c4df7dc4dd_s.jpg

また、スクワット運動や腹筋運動をして下半身の筋肉が硬くちぢまってしまうと、肩などの上体がそれに引っぱられて痛くなることもあります。鍛え方がよくなかったために体がゆがんでしまい、その影響で別のところが痛くなったという考え方もできます。

結局、自分で検査をしたら骨盤まわりを調整すると全身のバランスがとれそうだったので、骨盤まわりを調整したところうまく症状は改善されました。

整体をしていると、はじめに痛かったうしろ側がよくなると今度は急にまえが痛くなるということがあります。その場合、はじめは前後ともに硬いのですが、比べるとうしろのほうがより硬いので最初はうしろに痛みがでます。

しかし、うしろが柔らかくなってしまうと一気に前後のバランスが崩れてしまい、そのため今度はまえに緊張が集中したような感じになります。そして、痛みもうしろからまえに移ったように感じます。そこで、今度はまえを柔らかくすると前後のバランスは正常に戻ります。

このように体には前後、左右、上下などのバランスがあるので、それを理解することで運動や整体も安全で効果的にできるのかなと思います。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

石川絡樂院のご案内

住      所:
〒193-0816 東京都八王子市大楽寺町533-1-4
アクセス:
JR中央線/京王線 八王子駅・高尾駅、JR中央線西八王子駅より西東京バス、叶谷バス停から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-623-5477
受付時間:
10:00~20:00
定休日:
金曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ